東京大学医学部 構造生理学

大脳のシナプスの運動性は心の成立や精神疾患に深く関係することを見出し、更なる謎の解明を進めています。

研究者募集 English

Carousel imageCarousel imageCarousel imageCarousel imageCarousel imageCarousel imageCarousel imageCarousel imageCarousel image

研究概要

我々の心を作る学習はどの様に起き、記憶はどの様に脳に蓄えられるのでしょうか。大脳では神経回路を構成する興奮性シナプスは樹状突起にある特徴的な棘様の構造、樹状突起スパインにできます。我々の研究室では光学的・分子生物学的な手法を運用して樹状突起スパインの性質を明らかにする研究を展開してきました。そして、シナプスの増強時にスパインが増大運動を起こすことを、海馬、大脳新皮質や基底核で見出しました。そして、この増大が個体の記憶と関係すること示しました。スパインの動的な挙動は神経修飾因子や向精神薬、そして依存性物質的の作用に深く関連することもわかっていました。即ち、スパインにより形成される神経回路は学習・記憶、知覚、情動の基盤となり、それらの障害により精神疾患が起きると考えられます。そこで、その動的特性の解明を続けると共に、動特性を利用した光学的分子プローブを作成して、学習やその他の認知機能を解明する研究を進めています。